これだけで、
どこでも3分
ラズパイIoT
anyPi(エニーパイ)登場!!

anyPi(エニーパイ)は、ラズベリーパイや通信モジュールその他付属品をワンパッケージ化、これだけで、ネット接続が無い環境下でも、ラズパイを3分でネット接続可能です!

オープン価格

商品について
問い合わせる
+
+
+
=

セットアップは「3分」。
携帯電話回線を使って、
IoTを圧倒的な手軽さで。

anyPi(エニーパイ)は、わずか3分で携帯電話回線経由でネット接続されたラズパイをセットアップできます。センサ/機器やクラウドと組合わせることで、容易にIoTシステムの構築が可能、IoTの本来の目的であるデータの取得と、その利活用にリソースを集中できます。

ハードウエア初級者でも、
カンタン4ステップでセットアップ可能。

anyPiには、Raspberry Pi(ラズベリーパイ)を使ってIoTを始めるために必要な機材が一式揃っており、わずか4ステップでセットアップ可能です。センサー(機器)やクラウドと組み合わせてすぐにご活用頂けます。

CPUボードにはRaspberry Piを採用。
情報や事例、周辺機器も充実。

CPUボードには、全世界で1000万台以上が普及している、安価で高性能なRaspberry Pi(ラズベリーパイ)を採用しました。IoTに初めて取り組む方でも、様々な事例など参照しながらスピーディーに必要な機能を実現できます。

必要な付属品を全て同梱、
SIMカード同梱プランも選択可。

anyPiは、OSインストール済みのmicroSDカード、技適取得済み3Gアンテナ、ACアダプタ(ラズパイ3にも対応)など全てのハードウエアが同梱されています。さらに通信キャリア/MVNOとの提携により1年間の通信料が含まれたSIMカードバンドルプランもお選び頂けます。特に大企業や大学・研究機関の皆様には、契約手続き等の煩雑な事務作業もなくなり、スピーディーな活用が可能です。※SIMカード無しの、ハードウエアだけでの御購入も可能です。

IoTの様々な分野で
活用頂いています。

たったの「3分」ではじめられる手軽さとは裏腹に、anyPi(エニーパイ)で使用されているハードウエアはIoTの様々な分野で使用されています。スピーディーなスタートで、あなたのライバルに差をつけましょう。

様々な活用事例も多数、
ブログで公開中です。
IoTのヒントにご活用ください!
Qiita」に弊社製品3GPislee-Pi
事例なども多数ございます。

ラズパイIoTスタータキット「anyPi」付属のコンソール I/F ボードを使ってみた

anyPi(エニーパイ)専用のコンソール I/Fボード PiConsole I/F の活用事例です。PCとのシリアル接続から、本ボードに搭載されているボタン、LED、ブザー、テキスト液晶へGPIO割り当て、実際の活用事例をサンプルコードと共に紹介しています。

2016/10/19投稿
  • RaspberryPi
  • 3GPi
  • PiConsole I/F

アルプス電気のセンサネットワークモジュールをラズパイ3と3GPIで使ってみる

アルプス電気のセンサーネットワークモジュールは、加速度・地磁気(6軸)、気圧、温湿度、UV/照度センサーを備え、BLE通信可能、コイン電池と共にコンパクトな筐体に格納されています。BLE通信可能なラズパイ3と3GPiでの活用事例を紹介します。

2016/08/01投稿
  • Raspberrypi3
  • 3GPi

3GPi とラズパイで家庭の消費電力量をグラフ表示する

家庭の分電盤にセンサーを取り付けて、家庭内の消費電力を分電盤から分岐した回路ごとにグラフ化する事例です。クラウドとの通信に3GPi、ラズパイ上のアプリケーションの死活監視にslee-Piを活用頂いています。

2016/07/31投稿
  • RaspberryPi
  • slee-Pi
  • 3GPi

「3GPi」を使って、Raspberry Piの温度データをMilkcocoaに送信してみた

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)で取得した気温データを、インターネット(3G回線)で、Milikcocoa に送信する過程を解説します。IoTデータを使って、どのようにアプリケーションを作ればいいのかがわかる記事です。

2015/10/13投稿
  • RaspberryPi
  • 3GPi

3GPi on Raspberry Pi 2 + SORACOM Air SIMでインターネットに接続する

3GPi+Raspberry Pi(ラズベリーパイ)+SORACOM AIR SIM で、インターネットに接続する過程を、ハードウェアの組み立てから、APN プロファイル設定まで徹底解説。同じ手順を踏むだけで誰でもネットに接続できます。

2015/09/30投稿
  • RaspberryPi
  • 3GPi

ラズパイを10分間隔で起動して3G経由でツイートさせてみた

3GPi(ラズパイ用3G通信モジュール)とslee-Pi(ラズパイ用電源管理モジュール)を使用して、Raspberry Pi(ラズベリーパイ) を間欠動作&3G通信させて、定期的にTwitterに投稿する事例です。

2016/05/23投稿
  • RaspberryPi
  • 3GPi
  • slee-Pi

3GPi を 用いた Microsoft Azure IoT Hub への環境データの送信

Raspberry Pi (ラズベリーパイ)に3GPiを接続し、環境センサモジュール「BME280」の環境(温湿度・気圧)データを、HTTPSプロトコルを用いてAzure IoT Hubに送信する方法を解説します。

2016/05/10投稿
  • RaspberryPi
  • 3GPi
  • AzureIotHub

SORACOM Airと太陽光パネルで完全スタンドアローンな計測システム

Wi-Fi環境がなくても3G網を使えば、ほぼどんな所からでもネット上にデータを送信するシステムは構築できますが、電源のない環境ではどうすればいいでしょう?3GPiとslee-Piを使用することでコンパクトに実現する事例です。

2016/05/09投稿
  • RaspberryPi
  • 3GPi
  • SORACOM

セットアップは3分、
動画でご確認ください。

簡単4ステップ

  • Raspberry Pi(ラズベリーパイ)に microSD カードを挿入し3GPi(3G通信モジュール)をスタック。

    microSD カード内に Linux(Raspbian) ベースの稼働環境がすでに構築されています。

  • SIMカード、3Gアンテナ、USBケーブル[短]を接続。

    SIM カードのサイズ(標準)、向きや裏表にご注意ください。(切片がフォルダ上側で、金属端子がセット時基板側)

  • PiConsole I/Fをスタック。USBケーブル[長]でPC等(シリアル接続用)と接続。

    PiConsole I/FはUSB-シリアル変換基板として機能します、ディスプレイ、キーボード等を接続しての直接ログイン、Ethernet等からのリモートログインの場合は本ステップは不要です。

  • 3GPiにACアダプタを接続。電源投入し、起動。

    3GPi の青いLEDが「点灯」▶「ゆっくり点滅」▶「はやい点滅」と変化します(約1分)。3G回線の電波状況により、接続不可または接続に時間がかかる場合があります。

ラズパイIoTキット
「anyPi(エニーパイ)」内容物

  • Raspberry Pi 3 Model B(ラズベリーパイ3)

    全世界で累計1000万台以上普及している、安価かつ高性能のCPUボードの最新機種、Wi-Fi/Bluetooth通信機能を標準搭載。特に近年は、試作だけでなく、様々な製品のCPUボードとして採用が急増している。本キットでは利便性を考慮し、アクリル台座に取り付け済み。

  • 3GPi(スリージーパイ) : ラズパイ専用3G通信モジュール

    設定済OSの提供、安定した電源構成の採用等により、簡単かつ安定動作可能な3G通信モジュールとして、様々な企業や大学・研究機関にて採用多数。農業センサーや機器監視システムなどへの搭載も増え、2016年に Azure Certified for Iot を国内企業初取得。

    ※契約キャリアにより通信モジュール型番は異なります

  • PiConsole I/F(パイコンソールアイエフ) : コンソール I/Fモジュール

    anyPi用に新規開発したラズパイ専用コンソール インターフェースモジュールで、テキスト表示ディスプレイ(16文字2行)、LED(2個)、タクトスイッチ(2個)、USB(mini USB)シリアル変換インターフェース、電子ブザーを搭載し、GPIOから個別にアクセス可能。(ピンアサインは同梱のセットアップガイドに記載)

  • OSや各種ユーティリティがインストールされたmicroSD

    ベースOSには、Raspberry Pi(ラズベリーパイ)で最もポピュラーな Raspbian Jessie を採用、3GPi で使用する各種ユーティリティもまとめて microSD にインストール済。デバイスドライバや APN 設定、回線接続切れの際の自動復旧機能など、利用者は AT コマンド等を使用することなく、ネットに接続された Linux 端末(サーバー)の感覚でRaspberry Pi(ラズベリーパイ)を稼働させることが可能。

  • 1年間の通信費用込みSIMカード(SIMカードバンドルモデルのみ)

    通信キャリア/MVNO 等との提携により、ご利用シーンに合わせた SIM カードを複数用意(1年単位での延長可)。SIMカード無し(ハードウェアのみ)のモデルもございます、詳細はお問合せください。

  • 3Gアンテナ、大容量ACアダプタ(ラズパイ3対応)、その他周辺機器

    3GPi との組合わせで技適取得済みのアンテナ、消費電力が増加したラズベリーパイ3にも対応した大容量ACアダプタ(12V 2A)、USBケーブル、基板固定用スペーサ等必要な機材を全て同梱。

ラズパイIoTスタータキット
「anyPi」へのお問い合わせ

anyPiの仕様や機能に関して、その他、ラズベリーパイを使用したIoTハードウエアの試作やPoC、製品化の豊富な事例もございます。お気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問

  • なぜ、CPUボードにRaspberry Pi(ラズベリーパイ)を採用したのですか?

    Raspberry Pi(ラズベリーパイ)を採用することで、膨大な情報資産が活用できるからです。

    元々が教育用コンピュータのRaspberry Pi(ラズベリーパイ)は、高性能ながら非常に低価格で入手可能です。一方、そのコストパフォーマンスから電子工作や研究開発での活用も盛んで、世界中のユーザーによる様々なセンサーやソフトウエアの使用事例(情報)が大量に存在します。価格だけではなく、この膨大な情報資産の存在がRaspberry Pi(ラズベリーパイ)使用の最大のメリットです。

  • Raspberry Pi(ラズベリーパイ)の信頼性や安定性は大丈夫でしょうか?

    用途にもよりますが、技術的な工夫や適切な使用により十分実用に耐えます。

    Raspberry Pi(ラズベリーパイ)が不安定になる原因の一つとしてUSB給電の問題があります。USBは給電能力に限界があり、周辺機器によっては本体の電圧が不安定になる為ですが、この対策としてanyPiでは、同梱の3GPiからRaspberry Pi(ラズベリーパイ)に電源供給する構成を採用しています。その他、適切な稼動環境(温度等)に配慮することで実用上必要十分な安定性や信頼性は確保できると考えています。

  • anyPiを使用した実際の製品・サービス等ありますか?ビジネスや研究開発用途でも大丈夫ですか?

    同梱の3GPiは販売から2年以上、屋外機器への採用等実績豊富です。

    3GPiをはじめとした弊社Raspberry Pi(ラズベリーパイ)用製品は、試作・研究用途だけでなく、業務用途での機能補完性・安定性を高く評価頂いています。Raspberry Pi(ラズベリーパイ)に関しても、昨今のRaspberry Pi(ラズベリーパイ)組込機器の急速な普及を見れば、適切な用途と環境であればRaspberry Pi(ラズベリーパイ)で十分という認識がビジネス分野でも共有されつつあるのではないでしょうか。※黎明期のLinuxやクラウドをイメージして頂くと分かりやすいかもしれません

  • PiConsole I/Fって何?

    Raspberry Pi(ラズベリーパイ)をより便利にする為の、anyPi専用のインターフェースモジュールです。

    Raspberry Pi(ラズベリーパイ)初級者は、OSの準備からログイン、LED点灯(Lチカ)などのステップを踏むのが一般的ですが、ソフトウエア技術者からするとまだ煩雑という話を良く聞きます。PiConsole I/Fを使うことで、PC等から簡単にコンソールログインが可能となり、LEDなどの外部デバイスもハンダ付け等なしで、プログラムから直接GPIO経由でアクセスできます。また実用上も、様々な機能(異常時にLED点滅⇒ブザーなど)がプログラムだけで実装可能となります。